This post is also available in: English

青森キャンプ

青森スプリングが誇る世界レベルのパークとハーフパイプを利用した、トップレベルを目指すアスリートのためのフリースタイルキャンプ
2017-18シーズン、青森スプリングのフリースタイルキャンプはさらに高いレベルを目指します。
世界トップレベルのスキーヤー、スノーボーダー、コーチ陣、ディガー達の協力による、トップエリートからジュニアまで幅広いレベルのアスリートたちがトレーニングできる環境を提供いたします。

青森スプリングは、 プロ・キャンプ・アジア世界的に有名なコーチ、イライジャ・テーター、ベン・ボイド、綿谷直樹を招きます。平野歩夢、ハナ・テーター、ケイトリン・ファリントン、國保和宏、青野令といったオリンピックやXゲームのメダリストたちを育成してきたコーチ陣の豊富な知識と経験を青森スプリングのキャンプ参加者に提供します。

2018シーズン、私たちは2段階に分けてキャンプを実施する予定です。ウィンター・キャンプは伸び代に富んだスキーヤーとスノーボーダーを対象とし、スプリング・キャンプはエリートや新進気鋭のアスリートを対象としています。

このキャンプの特徴

キャンプに参加されるスキーヤー・スノーボーダーは、ハイレベルな練習を可能とするために作られた専用のアイテムを利用することが出来ます。当キャンプは、この貸し切りのパークの利用に加え、少人数制であり、個々の目標や課題に焦点を当てた個別指導も行うことから、最高の効率とクオリティを備えた雪上トレーニングを提供いたします。

キャンプ期間中のハーフパイプとテレインパークの造成およびメンテナンスは、オリンピック及びワールドカップのハーフパイプをを手掛けたジョン・メルビルにより行われます。

アイテムの種類や大きさは後日決定いたしますが、現時点では以下を予定しております。

  • 22フィート(7メートル)ハーフパイプ
  • 22フィート(7メートル)クオーターパイプ(ランディングはエアバッグ)
  • 長い距離にジブ、レール、ボックスを配置した上級者向けパーク
  • ビデオによる振り返り
  • リフト券(ナイターを含む)
  • ロックウッド・ホテル&スパでの宿泊(3食つき
  • ジムと温泉のご利用
  • 青森空港または新青森駅とホテル間の送迎

講習の受講のみ希望される方は、ホテルにお問い合わせください

ウィンター・キャンプ

ウィンター・キャンプは、中級から上級レベルのアスリートが、安全で落ち着いた環境の中で、腕に磨きをかけ、フリースタイルの練習に専念出来る機会を提供します。

内容に幅と深みのある革新的な指導アプローチを優先して取り入れています。トレーニングには、テレインパークでのボックス、レール、ジャンプのトリック、ハーフパイプやパウダーのライディング、カービングなどの技術向上、ビデオでの振り返り等も含まれます。

ウィンター・キャンプの日程と参加費

1月2日(火)~8日(月) うち5日間の講習、6泊の宿泊 (テレインパーク、フリーライディング、ナイトライディング、午後のファン・ライディング等を含みます。)
–¥215,000(一人につき)

グループでの受講を御希望の方には、別日程での開催も可能です。この場合、最低催行人数が適用されます。御希望の方はお問い合わせください。

スプリング・キャンプ

スプリング・キャンプは、ナショナルレベル、プロ、新進気鋭のトップレベルの選手が、各々の目標に到達するためのエリート・トレーニングの機会を提供します。参加者の皆さんは、高いパフォーマンスのトレーニングを可能にする第一級の施設を利用出来ます。

キャンプ期間中、ディベロップメント・スノーパークス社により、毎日22フィート(約6.7m)のハーフパイプが維持管理されます。バッグ・ジャンプ(巨大エアーマット)を備えたクォーターパイプもご用意しています。

スプリング・キャンプの日程と参加費

3月24日(土)~31日(土)と3月31日(土)~4月6日(土) うち6日間の講習、7泊の宿泊

– 講習込み  ¥300,000(一人につき)
– 講習なし ¥205,000(一人につき)
– 認可を受けているナショナル・チーム お申し込み時に確認

別日程での開催も可能です。この場合、最低催行人数が適用されます。御希望の方はお問い合わせください。

そのトリックをモノにしよう!
青森パークスの最新情報をチェック

ニュージーランド・スノーボーダー・マガジンが未開拓の地に足を踏み入れる!

南半球のスノーボーダーやスキーヤーは、日本の底なしのパウダーを求めてやまないことで知られています。日本特有のパウダー“ジャパウ”を求めて日本を訪れる外国人が年々増加するにつれて、冒険心に富んだ人たちは、新たなフィールドを求めて、白馬やニセコなどのよく知られたエリアから目をそらしつつあります。 だからこそ、New Zealand Snowboarder...

続きを読む

スノーアクション誌の青森ミッション

SnowActionスノーアクション誌は、読者に対して新たな選択肢を提示すべく、15年にわたって独自に“ジャパウ”の特集を組んで紹介してきました。ですから、オールマウンテン・スキーヤーのKenji Boekholt氏が2016年に青森スプリングを訪れた際、私たちはとてもワクワクしていました。...

続きを読む

ハーフパイプのシェイピング(リゾートの裏方で)

ハーフパイプのビルダーは、どうしてこれほどまでに完璧な仕事を成し遂げられるのでしょうか? 2017年3月、青森スプリング・プロ・キャンプにおいて6.8mハーフパイプとクォーターパイプの管理を行ったディベロップメント・スノーパークス社(テレイン・パークやパイプのコンストラクター)は、私たちの見えないところ、知らないところで、どのような仕事をしているのでしょうか?ここで彼らの取り組みを紹介しましょう。 Development Snowparks...

続きを読む